株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

「大統領選ではまさかのトランプ氏が勝利!気になる今後の展望とは!?」

11月9日(水)マーケット全体ではもちろん全世界が投票に釘付け。ここまで接戦を繰り広げるとは誰も予想しなかったでしょう。

そして結果はまさかまさかの”ドナルド・トランプ氏”初の公職経験のない大統領誕生となりました。マーケットでは9日、各州の開票が進むにつれて、トランプ大統領誕生が濃厚となり、ドル円・日経平均は急落。

トランプリスクを懸念した投資家心理が織り込まれた形でしたね。かと思えば10日には早々にも急反発となり主要株価指数は9ヶ月ぶりの上昇率を記録しました。

為替相場では米長期金利の上昇を受け、ドル円が101円台から106円台に急伸。ここから年末にかけてトランプ氏の動向がマーケットに影響をもたらす事は避けられないでしょう。

そんな中特に注意して見て頂きたいのが

・「ロシア関連」…孤立主義のトランプ氏、日ロ接近で恩恵を受ける企業への人気化が期待できます。

・「円安メリット関連」…景気が改善すれば、インフレ期待が高まり、金利が上昇、⇒ドル高/円安要因として期待ができます。

この2つは今後トランプ氏の発言等で動く可能性が高い銘柄でしょう。

これまで過激な発言がピックアップされてきたトランプ氏ですが、政策に対する意思や情熱が米市場のネガティブマインドをポジティブマインドへと変えています。

又、現在米メディアではトランプノミクス(公約に掲げてきた経済政策等)と呼ばれ、トランプ氏の掲げる経済政策はビジネスの活性化にプラスとなると捉えられています。

今後の経済成長に繋がる期待と評価が株価にも反映してくるでしょう。

弊社FIP投資顧問株式会社 株プロフェットでは、トランプ氏政策関連銘柄に関する質問やご相談も承っておりますので、是非ともお気軽に弊社サービスをご利用いただき、あなた様の株式投資にお役立ていただければと思います

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ