株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

『君の名は。』以降のアニメブームで注目されるこの今夏の第2弾とは?

2016年は劇場アニメ映画のヒットが目立った年でしたね!

何と言ってもすごかったのが『君の名は。』で、興収250億円という映画史に残る大ヒットを遂げました。

 

『千と千尋の神隠し』の308億円に次いで日本映画史上歴代2位の記録を残しました!

 

そして今年の夏にも東宝で同じ枠組みの劇場アニメが公開されます。

今夏公開の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

 

まず『君の名は。』で東宝が取り組んだ枠組みとはどんなものだったのか?

 

『君の名は。』の新海誠監督の前作『言の葉の庭』は公開館数も少なく、興収1億5000万でしたが、

東宝の映画企画部の川村元気プロデューサーが企画に合流し、『次はもうちょっと大きくやりましょう。10倍は行かせないと』
『じゃあ、15億を目指そうか』と話していたそうです。

 

それまで関わっていた映像事業部だけでなく、公開規模の大きい作品を手掛ける映画営業部が配給を担当しました。

 

それが実際には10倍どころか100倍を超える250億の興収だったわけです。

 

東宝では従来から、『ドラえもん』や『名探偵コナン』のようなファミリー向けアニメと別に、
いわゆるアニメファン向けの作品を数多く手がけてきたのですが、

こちらは映像事業部が担ってきた。その映像事業部製作でありながら公開規模の大きな作品を手掛ける映画営業部が
配給を行うという従来と異なる枠組みで予想外のヒットとなったのが『君の名は。』でした。

 

そして、ここで成功した枠組みと同じ形で東宝のオリジナル長編アニメーション第2弾となったのが
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』なのです。

 

原作・岩井俊二×脚本・大根仁×総監督・新房昭之×キャラクターデザイン・渡辺明夫の最強タッグ!

 

大根仁さんは「モテキ」や「バクマン。」の脚本でも有名ですよね!

 

また、アニメをこよなく愛する人ならば、アニメーション制作・シャフト、総監督・新房昭之、キャラクターデザイン・渡辺明夫の組み合わせを聞けば、すぐさま『化物語』を始めとする「物語」シリーズを思い浮かべるのではないでしょうか?!

 

そして、声の出演は、なずな役に、話題作への出演が相次ぐ広瀬すずさん。
典道役に、声優初挑戦となる菅田将暉さん。

 

同世代のなかでも圧倒的な人気・実力を誇る二人!

 

さらに!典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役を、声優界のトップランナー宮野真守さんが務めるそうです!

 

最強スタッフが終結し、豪華キャストが声優を務め、この夏大注目となりそうですよね!

今から公開が待ち遠しい限りです。

 

~関連銘柄~

東宝(9602)「君の名は。」は海外でも大ヒットとなり、中国で上映開始した事で、
日本アジア投資(8518)が有力関連銘柄として、株価は急上昇し、一時ストップ高となりました。

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ