株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

LINEが(3938)「AIスピーカー」を発表

「AIスピーカー」という言葉、耳にした事あると思います。文字通り「AI=人工知能を使ったスピーカー」になりますね。

 

アメリカのIT大手では続々と参入、主力は「アマゾン」・「Google」・「アップル」(年内販売予定)の3社。この3社社が発表しているAIスピーカーが注目を集めています。

 

要は「話しかけるだけで、家電を操作できる」という大変便利なものなんですが、アメリカやヨーロッパのみえ販売されていて、3社とも日本市場にはまだ投入されていません。

こうした中でいち早く、日本市場に参入したのが今回の「LINE(3938)」となる訳です。

 

製品名は「WAVE(ウエーブ)」。

 

これを使って「音楽をかけて」「音量を上げて」「○○を流して?」等…話しかけるだけで音楽を楽しむ事が出来るというものです。

 

もちろん注目されているのは単に音楽を聴けるからだけではありません。

 

◆Wi-Fi経由でクラウドと接続すれば、ユーザーとの対話によってさまざまな機能やサービスを利用できる事になります。

 

「例えば就寝前に「明日の朝○時にアラームセットして」と言えば、スマホのアプリに連動しているので、話しかけるだけでアラーム設定してくれます。

 

「今日の天気は?」「〇〇について教えて?」と話しかけると、Webサイトの情報などから聞きたいものの内容を教えてくれるようになります。

 

さらに、対応する家電を用いれば、「電気をつけて」「明るくして」などと話しかけるだけで家の中の家電を操作できるようにもなっていきます。

 

近い将来、実際に家のありとあらゆるものを「話しかける」だけで操作できる日ももうすぐかもしれません。

 

たまにありませんか?

 

テレビのリモコンが見つからなかったり、エアコンのリモコンが見当たらないという事!

なくしたリモコンをあちこち探したりしなくて済むようになります(笑)

 

さらには特定のWebサービスなどと連携し、買い物やピザの注文をしたり、タクシーを呼んだりすることも、スピーカーに話しかけることでできるようになります。

 

つまり「AIスピーカー」を使えば、従来パソコンやスマートフォンで、Webブラウザやアプリを操作しないと利用できなかったサービスをリビングに居ながら、話しかけるだけで利用できるようになる。という事です。

 

スピーカーに搭載されているAIがユーザーの言葉からその要望を自動的に解釈し、高い精度で実現してくれる点が画期的だとして、注目を集めています。

 

日本で最初に「AIスピーカー」に名乗りをあげたのがLINE(3938)な訳ですが今はまず普及に力を注いでいくようです。

 

トークアプリとしては1人勝ち、敵なしのLINE(3938)ですが、やはりLINE(3938)の強みと言えば、日常で行われているトーク。

 

仕事もプライベートでも連絡を取り合うツールの1つとしてLINE(3938)は主流になっています。

 

自宅にいる時は家電はもちろん、LINE(3938)のトークも手で操作することなく「WAVE(ウエーブ)」を使ってトークができる。

今後どこまで普及するのかが楽しみです。

 

又、「AIスピーカー」は「ポスト・スマホ」の本命とも目されているテーマです。

 

すでに数社が開発に取り組んでおり、国内市場の広がりが注視されてますので今のうちにチェックしておくとおもしろいかもしれません。

 

◆AIスピーカー関連◆

フュトレック(2468)、アプリックス(3727)、AMI(3773)、LINE(3938)、チェンジ(3962)、オンキヨー(6628)、シャープ(6753)、ソニー(6758)、NTTドコモ(9437、ソフトバンク(9984)

 

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ