株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

覚えていますか!?12年ぶり犬型ロボット「aibo」が発売へ!

Q「アイボってあの犬のロボットの!?」そう思ったのは私だけではないはずです。

 

※ソニー(6758)は、業績不振にあった2006年に生産を打ち切った家庭用の犬型ロボット「AIBO」の後継機を来年1月に発売し、12年ぶりにロボット事業に参入する事を先日発表しました。

 

ソニー(6758)の「AIBO」は、1999年に発売された家庭用の犬型ロボットで、およそ25万円の価格ながら15万台を売り上げましたが、業績不振のさなかにあった2006年に生産を終了しました。

 

そう!!気づいたら一切見なくなりました!(笑)

 

そして、今回…12年ぶりにAIBOの後継機を来年1月11日に発売すると発表。

 

その後継機は、ローマ字の小文字で「aibo」という名前となり、有機ELパネルの瞳で感情を表現し、20に上るセンサーで人や部屋の様子を検知して体を動かしたり、歩き回ったりします。

 

さらに!AI=人工知能が飼い主とのやり取りを学習し、1体ごとに個性的に成長していくということが大きな特徴だということです。

 

最近ではアマゾンやグーグル、ラインなどもAIスピーカー製品の需要を広げてきていますから「このタイミングだ」と思ったのでしょうか。

 

本体の価格は19万8000円で、これとは別にインターネットに接続して機能のアップデートを受けるサービスが月額2980円で提供されそうです。

 

高いのか安いのかわかりません。

 

又、アイボに留まらず、ソニー(6758)は、12年ぶりにロボット事業に参入することになり、犬型ロボットだけでなく新たな製品やサービスの開発を目指すそうです。

 

最近ではソニー(6758)の株価も7日続伸と業績も良く、今後の材料期待での買いが向かっているようですね。

 

又、先日会見した平井一夫社長は「AIに、ロボットという動くもの、それにセンサーの技術を組み合わせることでソニー(6758)の強みを発揮できる。」と述べたそうですが

 

今後、どれだけこの戦略を広げられるかが今後の焦点になりそうですね。

 

やはり”アイボ復活”の背景には、家庭のリビングルームを舞台にしたAI=人工知能の技術の国際競争が激しさを増していることがよくわかります。

 

そうなると…自ずと注視すべき点も…?

 

今から関連銘柄をピックアップしておいても面白いかもしれませんね。

 

ソニー(6758)、メンバーズ(2130)、フロンテオ(2158)、カイカ(2315)、エヌアイデイ(2349)、エイジア(2352)、ロックオン(3690)、等。

 

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ