株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

シーテック

東京モーターショーなどがあったため、ご報告が遅くなったが先日行われたシーテックについて報告させていただきたい。

シーテックとは毎年10月に開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術とエレクトロニクスの国際展示会で、今回はすべてのモノがネットにつながる「IoT」や金融とITを融合した「フィンテック」といったテーマを元に数多くの目新しい研究開発中、今後発売予定のものが披露された。

10月3日(火)~6日(金)まで幕張メッセで開催された。

材料を掴む為に足を運ぶ投資家も多い。

ここまでは前のコラムと前書きが同じだが、筆者が注目したのはフジクラ(5803)、ロゼッタ(6182)、アスカネット(2438)だ。

フジクラ(5803)は、スマートフォンに使われるフレキシブルプリント基板(FPC)で世界2位でアメリカのアップルからの大型受注もあり業績も好調だ。光ファイバー分野では世界3位であり、携帯の通信時に使う4Gから5G移行に伴うインフラの整備も進んでいる中、需要が増えている。展示会では超電導を使ったリニアモーターカーの技術もアピールしていた。株価も軟調な値動きが続いていたが、全体相場の持ち直しとともに再び上昇トレンドに転じている。

ロゼッタ(6182)は、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツが「不可能」と言った『自動翻訳機』を作ることを目的に生まれたベンチャーだが、ウェブを人工知能として代用する方法から自動翻訳機を思いついたところからスタートしたベンチャー企業である。展示会でも翻訳の精度が約95%に達したことをリリースした際に再び急騰した。

アスカネット(2438)は、触れても触れらない空中に浮かぶエアリアル広告を披露し、大きな話題となった。他にも空中に3Dで浮かび上がる広告などの展示もあった。他にも似たような技術を持つ企業もあったが諸事情によりお伝えできないのが残念だ。同じ技術を持つ株価も急騰している状況を踏まえると来年春にカジノ法案が可決した際には大型受注等も見込まれ、株価も反発してことから今から仕込み吹値を狙うのもおもしろい。

展示会で実際に材料となりそうな企業をチェックし、ファンダメンタル、テクニカル分析を入念に加えることで、お宝銘柄が見つかるであろう。

【推奨銘柄】
アスカネット(2438)
フジクラ(5803)
ロゼッタ(6182)
など

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ