株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

会員様はテクニカル派ですか?ファンダメンタル派ですか?

私は両方見ます。

いくらテクニカルが良くても業績が悪ければ、急騰後の急落という展開を体験されたことはありませんか?

実はこの議論、先日のノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セーラー教授の専門分野である行動ファイナンスの分野で議論されているテーマなのです。

行動ファイナンスとは人は本来合理的に経済行動を行うという現代ファイナンスに疑問を投げかけ、発展してきた分野であります。

リチャード・セーラー教授は行動ファイナンス分野で、人は同じお金でありながら資金の出所や用途によってその扱い方を変えてしまう、つまりギャンブルで稼いだお金と勤労による所得では使い道を変える傾向にあるという『心の会計』という理論を唱え、ノーベル経済学賞を受賞いたしました。

今回のタイトルを行動ファイナンスの理論で説明しますと、ニュースウォッチャー/トレンドウォッチャーモデルで説明できます。

ニュースウォッチャーはファンダメンタルトレーダーを、トレンドウォッチャーはテクニカルトレーダーを指します。

ファンダメンタルトレーダーはあるポジティブサプライズが生じると株価を購入します。

その後はこうした動きを察したテクニカルトレーダーが追随することで株価は急騰する傾向にあります。

この過剰反応に気付いたファンダメンタルトレーダーによって再びファンダメンタルズを反映した株価に戻りというモデルです。一般的にはリターン・リバーサルと呼ばれています。

つまり過小評価されている銘柄を見つけ出して吹値を狙っていくということにつながってきますね。

株って楽しいですね~♪

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ