株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

2018年メルカリは新規上場なるか?!

2017年直近IPO銘柄というと思い浮かぶのは?

マザーズに新規上場のみらいワークス(6563)やエル・ティー・エス(6560)、

一家ダイニングプロジェクト(9266)は連日ストップ高となりました

JQSではヴィスコ・テクノロジーズ(6698)や幸和製作所(7807)でしょうか!

そして大型では佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(9143)。

個人投資家にも大きなチャンスとインパクトだったのではないでしょうか。

そして大型上場の1つに期待されていた『メルカリ』でしたが、

東証への上場を延期する見込みだと報じられましたね…

メルカリと言えばCMでも有名なフリマアプリで大きな存在感でもあり、

今や社会現象となるまでに大きく取り上げられました。

2018年こそは!新規上場が予想されます『メルカリ』!

問題点も多いと言いますが、例えば「盗品対策」…

メルカリでは登録時を含めて身分証を提示する必要はありません。

そうした本人確認の甘さが犯罪にも繋がる可能性があると警察に指摘されているようです
他には「資金移動業者かどうかの争点」…メルカリは売り上げが一時期メルカリ側に

ストックされます。また1万円未満の出金の場合は210円の振込手数料がかかる為

ストックしておく人が多いです。

その資金のストックする性質に資金移動業者かどうかという争点があるようです。

もし資金移動業者に当てはまる場合には、万が一の場合に備えて金融庁に供託金を預ける
必要があり、メルカリ側には大きいデメリットになってしまいます。

こういったいくつかの問題点もありますが、求められているように規制を厳しくすれば

出品する人も少なくなる為、大きな葛藤があるはずです。。

しかし、SGホールディングス(9143)に継ぐ大型上場!

注目される事は間違いありませんよね!

今からメルカリの関連銘柄や提携先情報を把握して備えたいところですね!

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ