株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

あの日から7年。

2万人を超える犠牲者が出た「3月11日」東日本大震災の発生から7年がたちました。

この期間が短いのか長いのか、どう感じるかは人それぞれです。

今年も被災地では遺族などが亡くなった人々に祈りをささげました。

津波で児童と教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の旧校舎では遺族などが集まり地震が発生した時刻の午後2時46分に黙とうしました。

一方、東京では政府が主催する追悼式が開かれ、秋篠宮ご夫妻のほか、安倍総理大臣や遺族の代表が参列しました

復興庁によると、被災者のための宅地を造る「高台移転」は90%、災害公営住宅は93%が完成。

国道や鉄道も100%近くが復旧、再開しているそうで、防潮堤は計画の92%で着工し、うち半分近くができあがっているそうです。

しかし、今も約7万3千人以上の方が避難生活を送っています。

そして、インフラを中心にまちの姿が再興する一方、人口の流出に歯止めがかからないそう。

なんと岩手、宮城、福島の3県は震災前と比べて約25万人減少。

沿岸部を離れ、別の地で生活を再建する被災者が増えています。

観光目的の宿泊者数も、3県とも震災前の水準に及んでいない。

原発事故に遭った福島では、4町村で避難指示が一斉に解除され、間もなく1年になるが、帰還者はとても少なく、農業産出額も回復していないそうです。

2万2千人以上が犠牲になった東日本大震災から、11日で7年がたち、住居や道路、鉄路などまちの形は整備されつつありますが、人々の暮らしやコミュニティーの立て直しは道半ばという事になります。

1人1人にできることは限られているかもしれませんが、今回各地の追悼式などをみて「絶対に風化させてはいけない」と改めて感じました。

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ
*}-->