株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

米朝首脳会談がシンガポールにて開催

本日6月12日、史上初となる米朝首脳会談がシンガポールにて開催されております。

1950年の朝鮮戦争以降、両国は敵対関係にあり、米朝首脳会談の実現は難しいとされていたものの、長い時間をかけながらお互いに歩み寄りを見せた結果、本日の開催にいたりました。

米国側は今回の会談にて北朝鮮の完全な非核化、朝鮮戦争の終戦、金正恩政権の体制保障の問題を協議し、合意を目指すとしています。

日本は北朝鮮が拉致や核ミサイルに関する問題を解決すれば、経済協力を行う用意があるとしており、今回の協議にて言及されるか焦点となっていましたが、トランプ米大統領は11日の時点で安倍晋三首相と電話会談を行い、拉致問題を提起すると約束しています。

世界中が見守る中、日本時間の10時50分頃にはドナルド・トランプ米大統領と金正恩委員長が、通訳を交えて2人きりの会談を行い、その後にトランプ大統領は「とてもよかった」「素晴らしい関係だ」と手ごたえを見せています。

金正恩委員長も「ここまで簡単な道のりではなかった」「あらゆることを乗り越えてこの場にたどりついた」と語っており、これまで緊迫した関係を払拭するかのような発言をしています。

北朝鮮はこれまで国際社会において非核化を約束していたものの、継続した核開発を行っており、度重なる核実験の末に核兵器の完成を宣言するまでに至っていました。

今回の非核化も単なるパフォーマンスとなってしまうのかが焦点となりますが、トランプ大統領は「過去のものとは違う本物のディールがあるかどうか、もうすぐわかるだろう」とツイッターに投稿しています。

これまで繰り広げてきた米朝関係が1日で改善されるのは難しいものの、その大きな1歩となるかもしれません。

本日17時以降にはトランプ大統領の記者会見が予定されており、歴史的な1日をどんな言葉で締めくくるのか、世界中からの注目が集まっています。

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ
*}-->