株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

自動運転車が交通事故を起こした場合、責任の所在はどこ??

車両の運転で最も気を付けなければならないのは交通事故でしょう。

もちろん運転者は交通事故に十分に注意したうえで運転をしなければならないが、それでも交通事故が発生してしまうのが現状です。

近年の交通事故発生件数は

2015年⇒約53万件

2016年⇒約50万件

2017年⇒約47万件

徐々に減少してきてはいるものの、まだまだ少ないとは言えません。

そして昨今の話題となる自動運転車。

自動運転技術は5段階に分類されているようで、レベル4以上では運転席に人が座らないそうです。

今年は初めての自動運転車での交通事故も発生しましたね。

まだまだ交通事故を根絶する事は難しいのでしょう。

さて、自動運転中に事故を起こした場合、責任の所在はどこにあるのか?

政府は自動運転中の車の事故は原則として所有者に賠償責任を負わせる方針を決めたそうです。

この政府の方針に沿って、任意加入する自動車保険について、自動運転車の対人事故も補償の対象とする見通しとの事。

今回の「交通事故に対する責任の所在」を始めとして、自動運転車の普及にはまだまだ課題が多そうですね。

■自動運転車に関連する銘柄

ALBERT(3906) 日産自動車(7201)など

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ
*}-->