株プロフェット FIP投資顧問株式会社 関東財務局長(金商)第2297号 日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02208号

金融商品取引業者 投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2297号

株プロフェットの最新情報

iPS細胞から『キラーT細胞』の作成に成功!

11月に入ってからiPS細胞関連の朗報が次々と発表されております。

京都大iPS細胞研究所が進めるがん攻撃細胞の研究において、人のiPS細胞からガンに対して有効な『キラーT細胞』の作成に成功したと発表されました。

これはガン患者から細胞の一部を採取し、iPS細胞から『キラーT細胞』を再生させるもので、すでにマウス実験にてガン細胞を攻撃する効果を確認しているとのこと。

最新のガン治療法につながる可能性があることから、米国の科学誌にも論文が掲載されております。

国内のガン死亡者数は年々増加しており、1985年から比較すると2015年の時点で約2倍まで拡大する結果となっています。このことから最新のガン治療は非常に注目度が高く、『キラーT細胞』は今後も目が離せない存在となるでしょう。

また慶応義塾大学では、iPS細胞から神経のもとになる細胞を育てて脊髄に移植する、世界初の研究が実現する見通しで、国からの承認後、2019年にも臨床研究を開始する予定となっております。

国内では毎年約5,000人規模で脊髄損傷患者が増加しているものの、これまで有効な治療法が見つかっていないことから、脊髄の機能回復に効果があると期待されているこの研究が非常に注目されています。

平均寿命が男女共に延びていることから、これからは100歳を超える高齢者も増えることが予想され、深刻な後期高齢化社会になっていくことが考えられます。

こういった高齢化社会を背景に、iPS細胞を応用した治療法の早期実用化に向けた取り組みが広がっており、今後も多くの機関で研究が進められていくことが予想されます。

iPS細胞を使った最新医療の進展によっては、今後大きく飛躍していくような銘柄も出てくることでしょう。

米中貿易摩擦、金利動向、サウジアラビア情勢などリスク要因が浮上するマーケットにおいて、ボラティリティが高まった今だからそこ、将来的に成長が期待できる銘柄を先回りで仕込めるチャンスなのかもしれません。

無登録業者への注意喚起

不審な電話やメールなどの違法営業を行う無登録業者にご注意ください。

詳しくはコチラ

サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせイメージ
お気軽にお問い合わせください

株に関するご質問から弊社ご利用方法など、丁寧にお答えいたします

専用フォームへ
金融庁 Financial Services Agency
ADR FINMAC 特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
一般社団法人 日本投資顧問業協会
ページトップへ
*}-->